ホーム  > 事業報告 >  平成23年度事業

平成23年度事業

2017年01月17日

●大 会 平成23年6月11日(土) 会場:明治大学駿河台校舎
  研究発表  (10時40分~14時30分)
    祢津宗伸「大鑑清規と中世信濃の喫茶」
    松本孝尋 「瀬戸内の茶の湯-鞆の浦・中村家の茶会を中心に-」
    市村祐子 「岡山の茶の湯と文化-速水流から民藝まで-」
    山田哲也 「認得斎宗室と長崎」
   総 会 (13時30分~14時)
  シンポジウム(14時35分~16時40分)
      テーマ 「茶の湯の全国的展開―周辺から中心をみなおす」
     パネリスト 谷端昭夫「流儀化への道」
           中村利則 「茶の湯の環境を見る三つの視座」
           田中秀隆 「近代茶道の両義性」
           熊倉功夫(司会)
  懇 親 会  17時30分~ (リバティタワー23階)


●研究会 第33回 平成23年10月15日(土)~19日(水)於:中国
                      景徳鎮にて「国際陶磁博覧会」に参加
                      南昌市「江西省博物館」、廬山にて雲霧茶園と製茶工場など見学
           
          第34回 平成23年11月26日(土)~27日(日)
              第一日 講演(会場:赤穂商工会館 14時~)
         味呑英和「赤穂市立美術工芸館所蔵の田淵家寄贈資料について」
         中村利則「瀬戸内の茶の湯と田淵家」
              第二日 見学会   田淵庭園(解説:中村利則理事)


●東京例会  
  4月23日(土)(会場:東京国立近代美術館講堂 午後1時30分~)
     竹内順一「瀬戸茶入「窯分け」の底流」
     西田宏子「茶の湯の南宋青磁」

  5月14日(土)(会場:東京国立博物館小講堂 午後2時~)
     下坂玉起「羽箒について」
     福島 修「天目台について」

  7月 2日(土)(会場:根津美術館 午後2時~)
     佐藤留実「江戸時代における名物裂の価格例」
     田中秀隆「「お茶」から広がる文芸世界」

  9月 3日(土)(会場:実践女子学園高等学校 桃夭館 午後2時~)
     高橋忠彦 「陸廷燦の『続茶経』について」
     下村奈穂子「備前焼茶入について」

 11月19日(土)(会場:実践女子学園高等学校 桃夭館 午後2時~)
     小山弓弦葉「細川家伝来の茶入の仕服・挽家袋について」
     松原 茂 「古筆鑑定の心得」

  1月21日(土)(会場:東洋英和女学院 本部・大学院 午後2時~)
     三宅秀和「豊臣秀吉の吉野の花見と、吉野花見図屏風」
     細谷 誠「茶の湯と昭和初期日本におけるデザイン運動」

●静岡例会   
    8月27日(土)(会場:静岡文化芸術大学 午後1時30分~)
     赤沼多佳 「高麗茶碗について」

  9月25日(日)(会場:袋井市立中央・南公民館 午後1時30分~)
          舩阪富美子「日本煎茶史概説」
     小泊重洋 「急成長する中国茶業と茶文化」

    1月28日(土)(会場:静岡県男女共同参画センター「あざれあ」午後1時30分~)
     岩田澄子 「竹川竹斎と静岡」
     中村羊一郎「江戸時代の静岡の茶」

●東海例会   (会場:名古屋文化短期大学アセンブリホール 午後2時~)

    4月16日(土) 赤沼多佳「唐物天目について」

    6月18日(土) 谷  晃「高麗茶碗について」

    9月24日(土) 谷端昭夫「千家七事式の創案」
 
  11月26日(土)  佐藤豊三「尾張徳川十代斉朝の懐石」

●近畿例会
     7月9日(土)(会場:池坊短期大学第1会議室 午後2時~ )
     岸本真理子「炭手前についての一考察」
         木村栄美 「盧同の茶」

    10月1日(土)(会場:ハートピア京都第5会議室 午後2時~)
          杉谷朱美「日常の行いを型として学ぶこと」
          廣田吉崇「中国の喫茶法にみる”茶を粉末化する技術”の変遷」

    1月21日(土)(会場:近畿地方発明センター会議室B 午後2時~)
          宮武慶之「大燈国師墨蹟について」
     朴 珉廷「数奇の風体、善き「そそう」について」

●北陸例会
    7月2日(土)(会場:石川県加賀市橋立 蔵六園 午後2時~)
           中越康介「九谷陶磁器について」
      吉江勝郎「蔵六園の見学と建物について」

    3月24日(土)(会場:文化の館(鯖江市図書館)内 会議室2 午後2時~)
      千木良礼子「福井県近代和風建築調査から」

●金沢例会
     6月5日(日)(会場:金沢大学レクチャーホール 午前10時~) 
         平木孝志「郷土の茶人伝」
     下坂玉起「茶の湯の羽箒」

    11月6日(日)(会場:金沢市歌劇座集会室・金沢市立中村記念美術館    午前10時~12時30分)
          藪下 宏「金沢闡秘録から」
          森田宗園「茶壺と御茶壺道中(宇治採茶使)」
           午後1時より講師を囲んでの懇親会 会場:「石亭」金沢市本多町 会費3500円

●高知例会 (会場:高知県立文学館慶雲庵茶室 午前10時~)
    7月3日(日)「茶の湯文化学会平成23年度大会の研究発表をテーマとしたシンポジウム」
          飯後の茶事 席主 柏井武(13時~16時)会費2000円(軽食付き)
    9月11日(日)(13時~16時)
          1.茶杓の歴史 柏井 武「西山松之助著『茶杓百選』」
                    2.茶杓削り  指導者 永吉渓滋・森一康 (材料代1000円)
  12月11日(日)茶の湯関係文献を読み所感の発表
                     井上佳彦「茶の湯名言集」田中仙堂著 
           小松 聡「よくわかる茶道の歴史」谷端昭夫著
           柏井 武「敵味方をこえて 芸道の理念と実践(茶道を中心に)」倉澤行洋著
                    茶事 席主 福田悦子(12時~16時)会費5000円
  2月12日(日)柏井 武「石州流三百ヶ条不白答(上)常用文」

  一般の方々が茶の湯に親しんでもらうための茶席を設ける。
     会   場 高知県立文学館慶雲庵茶室 
     時   間 10時から16時まで
        開催予定日 高知新聞伝言板に掲示 (会費300円)

Copyright(c) 2018 Japanese Society for Studies of CHANOYU. All Rights Reserved.