ギャンブルは日本文化にとって欠かせない一部なのか?

“運“がものを言うゲーム・ギャンブルは、日本固有のものではありませんが、他の国々とは異なり、日本の文化や伝統に大きな結びつきがあるのは知っていましたか?数千年前の暮らしの中でさえ、人々は空いた時間に余暇を過ごす方法を考える必要がありました。そうしないとストレスでいっぱいになり、気が狂いそうだったからです。ただ単にお酒を飲むだけでストレス発散する場合もありましたが、当時から人々はさまざまな方法でギャンブルに興じていたのです。

日本に関していえば、外国人はよく、日本では過去数世紀にわたってギャンブルは事実上根絶された状態だったと言いますが、実際、そうではありません。たしかにギャンブルは長い間タブー視されてきましたが、合法的なギャンブルは幾つもあります。例えば、宝くじを買ったり、パチンコに行ったりしても、警察に追いかけられることはありませんよね。また、スポーツファン、特にレースが好きな人が、レースの結果に賭けても刑務所に入るなんてことはありません。つまり、これらはすべて合法なギャンブルなのです。

では、日本政府のギャンブル規制がそれほど厳しいとしたら、なぜ前述したようなギャンブルは合法なのでしょうか?その答えは、「観光」です。国というのはお金を稼ぐ必要があり、そのために最適な方法のひとつが観光業への投資なのです。アメリカ合衆国のラスベガスが良い例でしょう。ラスベガスは世界中からの観光客であふれかえっており、地元の人はいないのではないかと思うことすらあります。

日本におけるギャンブルの歴史

現在のところ、日本には合法的なカジノはひとつもありませんが、決して存在しなかったわけではありません。実際、スロットやテーブルゲームを含めたギャンブルが法律で禁止されたのは20世紀初頭のことであり、禁止の理由はギャンブル依存症対策です。

何年もの間人々はさまざまな運動を起こすことで、ギャンブルを再度合法化するよう政府に強く訴えかけてきましたが、いまだにその効果はありません。ただ、2025年には日本初の合法カジノがオープンするという話もありますが、単なる予想に過ぎないでしょう。

パチンコ文化

日本でカジノに最も近いものといえば、パチンコ以外考えられませんよね。日本人なら誰もが間違いなくこの有名なスロットゲームの遊び方を知っているでしょう。また、パチンコ店や、パチンコ店で遊ぶキャラクターが登場する映画やテレビ番組、アニメなどは幾つもあります。パチンコの特徴は、勝っても賞金はもらえないことです。その代わりに、特定の賞品と交換できる引換券を手に入れることができるのです。賭博法をうまく切り抜ける、賢いやり方ですよね?

法の抜け穴をつくオンラインギャンブル

ギャンブル好きな人にとっては、多くの日本人が海外で運営されているオフショアのカジノサイトを訪れていることは、お馴染みの話でしょう。この先、日本政府が何かしら対策をとるかもしれませんが、実際に逮捕された事例はないため、海外のカジノサイトで賭けても安全であると考えられています。

その理由は、国民にとって安全であると同時に、利益を得る形でオンラインギャンブルを規制できると政府が考えているからかもしれません。新型コロナウイルスがもたらした経済への影響を考えれば、日本でのギャンブル合法化に向けて、政府が大胆な措置を取ろうとするのは当然のことでしょう。

皆さんは日本のギャンブル事情についてどう思いますか?カジノ合法化はギャンブル依存症の増加を引き起こすと思いますか?あるいは、政府が誰にとっても安全な形でギャンブルを規制すると思いますか?ぜひ意見をお聞かせくださいね!

Liked Liked