ホーム  > ご案内 >  大会のご案内

大会のご案内

茶の湯文化学会の大会のご案内です。

平成30年度 総会・大会

平成30年度 総会・大会

 開催日:平成30年6月16日(土)・17日(日)
 場 所:島根県松江市
 内 容:16日(土) 見学会
     17日(日) 総会・大会
 
 
第1日

見学会
 日 時  平成30年6月16日(土)
 場 所  重要文化財 有沢山荘菅田庵(修理工事中)
               松江市菅田町106番地
 定 員  100名
 時 間  第1組  11時45分~12時55分
      第2組  12時45分~13時55分
      第3組  13時45分~14時55分(定員となりました)
      第4組  14時45分~15時55分(定員となりました)
 参加費  会員 1,000円  同伴者 1,500円
 緊急連絡先 090-3268-5612(中村)   
 
 
*見学会への同伴者は、会員お1人につき1名とさせていただきます。
*非会員のみでのご参加はご遠慮下さい。
*予定数に達した時点で申し込みを締め切りますので、ご了承下さい。
*見学を希望される方は、同封の葉書に必要事項をご記入の上、62円切手を貼りご投函下さい。
*参加される方には、後日、参加費の払込用紙と見学会の詳細をお送りいたします。
*修理工事中の見学につき、足もとのしっかりした靴をお履き下さい。(ヘルメット着用)
 
 
懇親会 
 時 間 18時30分~(送迎バス・松江駅17時・くにびきメッセ前17時10分出発)
 会 場 由志園
 参加費 5,000円(食事・飲み物を含む)
 催 事 安来節・しげさ節・関の五本松など
 
第2日
平成30年度総会・大会
 日 時  平成30年6月17日(日)
 場 所  松江市 くにびきメッセ 多目的ホール
 参加費  会員 1,000円  非会員 2,000円(但し、島根県在住の方は無料となります。)
 受 付  9時15分より
 開会挨拶 9時45分
                   
 研究発表 (10時~12時)
  1.宮武 慶之(同志社大学 京都と茶文化研究センター 研究員)
    「本惣・本屋惣吉と松平不昧」
  2.米澤 義光
    「松平不昧公の茶會記から」
  3.倉林 重幸
    「大坂豪商・加島屋廣岡家と茶の湯‐近世後期の道具蒐集を中心に‐」
  4.田中 暢子
    「『松平不昧傳』の基礎的研究」

 (昼食・休憩)
 
 総  会 (12時50分~13時20分)
 
  ぼてぼて茶(11時~14時) 予定
 
 シンポジウム(13時30分~13時45分)
  テーマ 「松平不昧の茶の湯」
   関口 敦仁(愛知県立芸術大学)
     CG「江戸下屋敷大崎園」
   熊倉 功夫(本学会長・国立民族学博物館名誉教授)
     趣旨説明・「松平不昧と茶の湯」
   藤間 寛(松江歴史館学芸専門監・元島根県立美術館副館長)
     「『古今名物類従』と『雲州蔵帳』」
   中村 利則(京都造形芸術大学大学院客員教授)
     「茶禅一味の茶の空間」
   ディスカッション 
 
*懇親会・大会のご参加は、同封の払込用紙にて、該当する項目を○で囲み参加費を払い込んでお申し込みください。
*申込締切 4月20日(金)
   (お払い込みの後は、理由の如何を問わず返金には応じかねますのでご了承下さい。)
*松江市のコンベンション開催支援補助金制度を申請しますので、振込用紙の宿泊予定日に○をつけて下さい。ご協力をお願いいたします。
*ご宿泊は各自でご予約ください。なお同時期に大きな他学会も開催されますので、ご予約はお早めにお済ませください。 
 

 

平成29年度 総会・大会

~平成29年度総会・大会のご案内~

第一日
平成29年度総会・大会
日 時  平成29年6月10日(土)
場 所  同志社大学 今出川キャンパス 弘風館
参加費  会員 1,000円  非会員 2,000円
受 付  9時15分より
開会挨拶 9時45分
                   
研究発表 (10時~12時)
 1.岡  宏憲 「岡田茂吉と近代茶道」
 2.依田  徹 「幕末宮中の茶の湯」
 3.岩間 眞知子「日本における『茶経』の受容について」
 (昼食・休憩)
 総  会 (12時50分~13時20分)
 研究発表 (13時30分~14時10分)
 4.小笠原 博 「松江市龍翔山華蔵寺の「お成りの間茶室」と不昧公の棟札」
 (休憩)
 シンポジウム(14時20分~)
  テーマ 「近世後期の大名茶の湯」
  コーディネーター  熊倉功夫
  パネル報告(14時30分~16時10分)
  「近世後期の大名茶の湯の特質」        山田 哲也(裏千家)
  「数奇の殿様‐紀州藩主徳川治宝の茶の湯‐」 砂川 佳子(和歌山県立文書館 嘱託研究員)
  「肥後細川家の茶の湯」(仮)         三宅 和彦(群馬県立女子大学専任講師)
  「近世後期の大名庭園」(仮)       白幡洋三郎(国際日本文化研究センター名誉教授)
  討論(16時15分~17時30分)
 
懇親会 (18時~)
 会 場 アマーク・ド・パラディ寒梅館(同志社大学 室町キャンパス)
 参加費 5,000円
 
 *申込締切 5月26日(金)
 (お払い込みの後は、理由の如何を問わず返金には応じかねますのでご注意下さい。)
 
第二日
見学会
日 時  平成29年6月11日(日)
場 所 「松殿山荘」 高谷宗範関係施設(宇治市木幡南山)
定 員  100名
時 間  第1組   9時30分~11時
     第2組  11時15分~12時45分
     第3組  13時   ~14時30分
     第4組  14時45分~16時15分
参加費  会員 2,000円  同伴者 3,000円(特別拝観、茶菓子付)
 
*見学会への同伴者は、会員お1人につき1名とさせていただきます。
*非会員のみでのご参加はご遠慮下さい。
*予定数に達した時点で申し込みを締め切りますので、ご了承下さい。

※大盛況のうち終了いたしました。

Copyright(c) 2018 Japanese Society for Studies of CHANOYU. All Rights Reserved.