ホーム  >  インフォメーションInformation

新着情報 平成30年度 総会・大会 研究発表者募集

2017年10月06日

平成30年度 総会・大会

 開催日:平成30年6月16日(土)・17日(日)
 場 所:島根県松江市
 内 容:16日(土) 見学会
     17日(日) 総会・大会
 
 シンポジウムテーマ:『松平不昧の茶の湯』
 
*研究発表者募集
  発表を希望される方は、800字程度の要旨を添えて、学会事務局まで、
  メールもしくは郵送でご応募ください。
  大会終了後、発表内容をベースとして論文にまとめ、『茶の湯文化学』に
  投稿していただけるような発表をお待ちしております。

  応募資格:茶の湯文化学会会員であること
  募集締切:平成30年2月13日(火)

  ・メールでの応募の場合は、件名を「平成30年度大会発表募集」としてください。
  ・応募の際は、連絡先の他、現在の所属先・肩書等をお知らせください。
  ・応募者多数の場合は、大会担当委員会にて審査の上決定いたします。
  ・その他ご質問等がございましたら、学会事務局までお問い合わせください。

新着情報 『茶の湯文化学』28号発行

2017年10月06日

【論文】
片膝立てでする茶の湯                   中村 修也
仰木魯堂の生涯について
 ‐上京から仰木建築事務所設立までの経緯を中心として‐­   岡山 理香

【研究ノート】
有楽流の茶書に見る唐物茶入                加畑 長
徐熙筆鷺絵についての問題                   影山 純夫
 
【資料1】
陸游の茶詩(6)〔唐宋茶詩訳注⑮〕             髙橋 忠彦
 
【資料2】
道竿拾躰             (故)十世大泉道鑑・十一世大泉道鑑
 
【資料3】
千賀可蛟著『正式茶道早まなひ』、          廣田吉崇・岡宏憲
    『茶道開化早道』および『茶道為国弁』   
解題『正式茶道早学ひ』および『茶道開化早道』
解題『茶道為国弁』
 
【書評】
 小川 後楽著『漱石と煎茶』                 熊倉 功夫
 王 静 著『現代中国茶文化考』             中村羊一郎
 熊倉功夫・程 啓坤 編『徽宗『大観茶論』の研究』      吉永 清志
 矢部誠一郎 編『桃山・江戸時代初期の大大名の茶の湯』    中村 修也
 田中 仙堂著『岡倉天心「茶の本」をよむ』        依田   徹
 

新着情報 平成29年度 近畿例会のご案内

2017年08月03日

9月9日(土) 午後2時~ (場所:同志社大学今出川キャンパス  良心館  208号室)

   桐山秀穂  京都出土の茶臼とそれをめぐる諸問題‐日本最古の茶臼とその周辺‐
   矢野 環  茶の湯の香‐山上宗二記の位置‐


12月9日(土) 午後2時~ (場所:未 定)

   髙橋尚美  
「コミュニケーション学」を通して見た茶道における「第二の見立て」:
            
伊住政和氏の言葉「無言のコミュニケーション」を出発点として
   宮武慶之  「吉村観阿についての研究発表(仮)」  

 

新着情報 平成29年度 東海例会のご案内

2017年03月21日

4月22日(土) 午後2時~4時 (会場:名古屋文化短期大学)
  岩田 澄子「平重盛伝来の箱書を持つ内金張茶碗と馬蝗絆」

6月24日(土) 午後2時~4時 (会場:名古屋文化短期大学)
  西田 宏子「未 定」

9月30日(土) 午後2時~4時 (会場:名古屋文化短期大学)
      高木 典利「­土と長石の先祖は花崗岩­
志野・織部・黄瀬戸を科学する」

11月25日(土) 午後2時~4時 (会場:名古屋文化短期大学)
      岡 宏憲 「新宗教と茶の湯~世界救世教・岡田茂吉の事例~」

新着情報 会報№93発行

2017年07月03日

会報No.93が発行されました。

新着情報 『茶の湯文化学』27号発行

2017年04月11日

【論文】 
日本と中国の蠟茶と香茶                 岩間眞知子    
江戸豪商仙波家と仙波宗意について            依田 徹
心を物外に游す―「桐陰茶寮記」にみる頼山陽の煎茶観―  島村 幸忠
 
【研究ノート】
有楽流の茶書『喫茶活法』『茶道正伝集』          加畑 長
『貞要集』等の関連についての一考察         
茶室建築における樹種を科学的に知る~樹種識別法の今~  田鶴寿弥子
中世奈良における茶の栽培と用途             沢村 信一
 
【書評】
矢部良明著 『山田宗徧 「侘び数奇」の利休流』     八尾 嘉男
 
平成28年度大会発表概要
 
茶の湯関係文献目録 平成27(2015)年    

新着情報 平成29年度 東京例会のご案内

2017年03月21日

平成29年 4月22日(土) 午後2時~ (会場:五島美術館)
 依田 徹 「貞明皇后の茶道具について」
 門井 睦美「大野鈍阿にいて」 

平成29年7月22日(土) 午後2時~ (会場:五島美術館)
 内田 昌太朗「美濃窯における織部茶入の定義と評価(仮)」
 三笠 景子 「茶の湯」展開催の意義と今後の課題」

平成29年9月30日(土) 午後2時~ (会場:五島美術館)
 吉良 文男「未 定」
 砂澤 祐子「未 定」

平成29年10月28日(土) 午後2時~ (会場:五島美術館)
 福島 修「七宝の茶道具について」
 石塚 修「川上不白『利休居士石浮図銘』について」

平成30年2月24日(土) 午後2時~ (会場:根津美術館)
 鈴木 愛乃 「紀州徳川家の菓子木型について」
 岩間 真知子「日本における『茶経』の受容」

新着情報 平成29年度 静岡例会のご案内

2017年05月29日

平成29年10月14日(土)
会場:静岡産業大学情報学部藤枝駅前キャンパス(愛称 VIVI ビビ)1階
内容:おもてなしの茶  テーブルコーディネートなどを交えて
          お茶の楽しみ方と、もてなしの内容を考える
講師:未 定
会費:1,000円(お茶・お菓子・資料代)

平成30年1月4日(木)
会場:静岡産業大学情報学部藤枝駅前キャンパス(愛称 VIVI ビビ)1階
内容:寿ぎの茶 正月に因み、目出度い場面で使われる茶について
講師:中村羊一郎
会費:1,000円(お茶・お菓子・資料代)
共催:静岡産業大学地域学研究センター・世界緑茶協

新着情報 平成29年度 金沢例会のご案内

2017年03月21日

4月9日(日) 午後1時30分〜 (会場: 近江町交流センター)
  谷  晃 「金森宗和に付いて」

8月26日(土)
 移動例会」(金沢~堺 バス運行)
 堺市南宗寺・利休屋敷跡(解説 飯島照仁)・利晶の杜
 (詳細はお問い合わせください。連絡先:090-3762-2470吉井)

9月10日(日) 午前9時〜 (会場: 金沢湯涌江戸村 旧山川家住宅)
「江戸村茶会」 

3月24日(土) 午後1時30分〜 (会場:近江町交流センター)
  田中 秀隆 「岡倉天心・茶の本に付いて」  

新着情報 平成29年度 高知例会のご案内

2017年03月21日

1,「茶の湯文化学会29年度大会の研究発表をテーマとしたシンポジウム」
           発表者
           日 時 29年6月25日(日)10時-12時
     場 所 高知県立文学館 慶雲庵茶室
         軽食茶事 席主 4名
      日 時 29年6月25日(日)12時-16時
      場 所 高知県立文学館 慶雲庵茶室
      会 費 1,000円
                    *参会希望者は予め連絡をして下さい
                   
2,文献研究
    「 野崎兎園について 」
     発表者 小松 聡 野崎 温子
     日 時 29年9月3日(日)10時-12時
     場 所 高知県立文学館 慶雲庵茶室

3,茶の湯関係文献を読み所感の発表
    「未 定 」
        日 時 29年12月3日(日)10時-12時
    場 所 湯川温泉
   茶 事 席主 4名
    日 時 29年12月3日(日)12時-16時
    場 所 湯川温泉
            会 費 5千円
                    参会希望者は予め連絡をして下さい
                    
4,高知支部30年度事業計画
          「未 定 」
            発表者
    日 時 30年2月4日(日)10時―12時
    場 所 高知県立文学館 慶雲庵茶室
      
5,茶 席
    茶の湯文化学会の研究成果を実践する。茶の湯を一般の方々に親しんでもら うため
     「床飾り」「道具立て」はするが、お点前はお客次第として楽しめる 茶席を設ける。
        開催予定日 高知新聞「こみゅっと」に掲示
      時 間 10時から16時まで
      場 所 高知県立文学館 慶雲庵茶室
          会 費 300円

Copyright(c) 2017 Japanese Society for Studies of CHANOYU. All Rights Reserved.