ホーム  >  会報・学会誌・他Newsletter

会報・学会誌・他

会報・学会誌・他 会報・学会誌・他 | 茶の湯文化学会

茶の湯文化学会の会報・学会誌・その他の情報です。

会 報

年4回会員に配布しています。
                                                                 
巻頭文、行事の報告、発表要旨、今後の行事案内等を掲載しています。
*例会案内の最新情報は、当ホームページの<例会のご案内>でご確認下さい。                                                                                                                                                             
会報への投稿は特に規程はありません。会員であればどなたでも受け付けています。
原稿を事務局までお送りください。
ページ数や構成の関係上、掲載号はこちらで決めさせていただきますのでご了承ください。

 

詳細はこちら

学会誌

*平成26年度発行の第22号より、年2回の発行となりました。       


●バックナンバー販売価格

25、26、27号 1冊 4,000円

それ以前の号は1冊 1,000円 (単価1,000円のものに限り、7冊まとめて購入されると5,000円 )

ご希望の号数をお知らせいただければ、代金の払込用紙を同封してお送りします。


●在庫について

1号、4号、15号は完売しました。
その他の号は在庫があります。


●投稿論文募集

会則・規程のページに掲載している「会誌原稿投稿規程」を参考にして投稿してください。
投稿は今のところは随時受け付けています。
会誌の発行は、毎年9月と3月頃を予定しています。
審査に時間がかかりますこと、ご了承下さい。

 

詳細はこちら

20周年記念出版

学会誌『茶の湯文化学』 投稿原稿募集について

茶の湯文化学会の創立20周年を記念し、『講座 日本茶の湯全史』 全3巻 を刊行しました。

第1巻 中 世
第2巻 近 世
第3巻 近 代

各巻 定価2,500円 (税別)

購入を希望される方は、最寄りの書店か思文閣出版社へお問い合せ下さい。

なお、茶の湯文化学会会員の方は優待価格の設定がございますので、
会員である旨お伝えいただいた上、思文閣出版社から直接ご購入下さい。
(※ 書店から購入された場合、割引はございません)

思文閣出版社 http://www.shibunkaku.co.jp
〒605-0089 京都市東山区元町355 電話 075-751-1781 / Fax 075-752-0723



◎編集委員◎
代表 熊倉功夫
影山純夫、竹内順一、田中秀隆、谷端昭夫、中村修也、中村利則、 美濃部仁

 

詳細はこちら

投稿原稿募集

学会誌『茶の湯文化学』 投稿原稿募集について

 

学会誌『茶の湯文化学』では、会員の投稿原稿を随時募集しています。
発行は9月と3月の年2回の予定です。


1.原稿の種類
 茶の湯文化に関する「論文」(新しい知見を、根拠をあげて論理的に叙述したもの)、「研究ノート」(新しい示唆や問題提起を含む報告)、「資料紹介」、「書評」の四種類を主とし、原則として未発表で、日本語で書かれたもの。
  「論文」として掲載されるのは、査読を経て掲載を認められたもののみです。

2.投稿者の資格
 本会会員であること。
 ただし、主たる執筆者以外に共同研究者として非会員を含むことは可能です。

3.体裁
 原稿は縦書きとし、完成したものであることを原則とします。
 分量は図版・図表等のスペースを含め以下の通り。

   ・論  文    12,000字以上、20,000字以内
    (400字詰め原稿用紙、30枚以上50枚以内)

   ・研究ノート  12,000字以内
    (400字詰め原稿用紙、30枚以内)

   ・書  評       4,000字以内
    (400字詰め原稿用紙、10枚以内)

   ・資料紹介については、事務局にお問い合わせください。

 この他、注記は原則として、一連の番号を付し論文の文末にまとめ、図版は直ちに版下になるものをご用意ください。必要な場合は掲載許可を得ておいてください。

4.提出
 投稿にあたっては、下記5つの項目について送付状、もしくはメール本文中にてお知らせください。
 ただし、区分については編集委員会から変更の提案をすることがあります。
 提出された原稿は、原則として返却いたしません。あらかじめご了承ください。

   1)氏名/ふりがな
   2)所属、もしくは肩書き
   3)タイトル
   4)「論文」「研究ノート」「資料紹介」「書評」の区分
   5)連絡先
      ・メールアドレス
      ・電話番号
      ・郵便物の送付先 (登録の住所以外に発送をご希望の場合のみお知らせください)

 <提出物>
   ・800字程度の日本語要約
   ・原稿
    (手書き原稿、電子文書ともに郵送による提出の場合は、プリントアウトした原稿を2部)

      *可能な限り、電子文書での提出にご協力ください。
      *メールで電子文書を投稿する場合は、プリントアウトした原稿の郵送は不要です。
      *文書ファイルのサイズが大きい場合や、旧漢字など特殊文字を本文中に多用している場合は、
        文字化けすることがありますので、メールではなく郵送で投稿してください。
      *郵送の場合、電子メディアはCD-RもしくはUSBメモリの使用をお願いします。
      *「書評」を投稿される場合、日本語要旨は不要です。

 <提出方法>
     郵送、もしくはファイルを添付しメールにて送信

 <提出先>
     本会本部事務局
      郵 送 :〒606-0805 京都市左京区下鴨森本町15番地 生産開発科学研究所内
      メール: chanoyu@oregano.ocn.ne.jp ←@を半角に直してください。
            *件名を「会誌原稿投稿」でお願いします。

5.受理
 郵送の場合は、原稿が本会に到着した日を受理日とし、直ちに執筆者に受理通知を送付します。
 メールで提出の場合は、受け取りの返信メールが受理通知となります。
 ただし、査読の結果等により編集委員会が訂正を依頼した場合は、訂正稿が本会に到着した日が受理日となります。
 原稿受理後の文章の書き足し・書き改めは、原則として認めません。

6.掲載
 投稿の締切と掲載時期については、ほぼ次のようになっています。

   ・9月発行 → 3月末日締切
   ・3月発行 → 8月末日締切

 ただし、審査の進捗状況等によって掲載時期が遅れることがあります。あらかじめご了承ください。
 採用が決定した投稿原稿は無料で会誌に掲載されます。
 その際、執筆者には掲載誌10部を贈呈しています。
 抜刷については希望者に限り実費徴収の上、作成しています。
 

 この他、詳細については、学会誌の巻末に掲載しています「会誌原稿投稿規程」もしくは、
 当ホームページの会則・規定内の「会誌原稿投稿規程」に記載されていますので、
 投稿の際は必ずご参照ください。
 

詳細はこちら

Copyright(c) 2017 Japanese Society for Studies of CHANOYU. All Rights Reserved.