ホーム  > 役員等一覧 >  会則・規程

会則・規程

会則

茶の湯文化学会会則


(名称)
第一条 本会は、茶の湯文化学会と称する。
(英語名はJapanese Society for Studies of CHANOYU)

(目的)
第二条 本会は、茶の湯についての綜合的学術研究を行い、会員相互の交流を図りつつ、
茶の湯文化の発展に寄与することを目的とする。

(事業)
第三条    本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
            1.講演会、研究会等の開催
            2.学術上の研究調査
            3.会員に対する研究助成
            4.会誌『茶の湯文化学』の刊行
            5.その他必要と認められる事業

(会員)
第四条    本会会員は、本会の目的に賛同し、所定の会費を納入した個人(個人会員)ならびに
団体(団体会員)とする。
第五条 会員は、本会主催の事業に参加し、会誌の配布を受ける。
第六条 会員は次の四種とする。
            1.普通会員(個人・団体)
            2.維持会員(個人・団体)
            3.学生会員(大学・大学院・短期大学あるいは高等専門学校に在籍する個人)
            4.名誉会員(個人)

第七条    普通会員は毎年八千円を、維持会員は毎年一口二万円を一口以上、学生会員は四千円を、
いずれも本会本部に納める。
名誉会員は会費を免除する。
ただし、同一世帯に複数の普通会員がいる場合、申し出に基づき、二人目からの会員については、
会誌等の配布を受けない普通会員となるという条件で、会費を四千円とすることができる。
第八条 名誉会員は、理事会において推薦し、総会の承認を得る。
第九条    会員は次の理由によりその資格を失う。
            1.退会
            2.死亡
            3.除名
            4.三年以上の会費滞納
            5.この会の解散
第十条 会員がこの会の名誉を汚し、またはこの会の目的に反するような行為があったときは、
総会の議決を経てこれを除名することができる。
第十一条 既納の会費は、いかなる理由があってもこれを返還しない。

(役員)
第十二条 本会に次の役員を置く。
            1.会 長 一名
            2.副会長 三名以内
            3.参 与 若干名
            4.理 事  二五名以内
            5.監 査  二名
第十三条 会長は、本会を代表し、会務を総括する。
          副会長は、会長の任務を補佐し、必要に応じてその任務を代行する。
          参与は、本会の運営につき会長の諮問に応じる。
          理事は、会務の執行にあたる。
          監査は、本会の資産および会計を監査し、総会に報告する。
第十四条 役員は、本会会員中より理事会の推薦を受け、総会において選出される。
第十五条 役員の任期は二年とし、再任を妨げない。

(総会)
第十六条 総会は、毎年一回定期的に開催される。ただし、別に臨時総会を開催することもできる。
第十七条 総会は、会長が招集する。
第十八条 総会は次の事項を審議する。
            1.前年度の事業報告および会計決算
            2.当該年度の事業計画および予算
            3.役員および名誉会員の選出
            4.会則の改廃
            5.その他、本会の運営に関する重要事項
第十九条 総会の決議は、出席個人会員の過半数の賛成による。

(理事会)
第二十条  理事会は、会長、副会長、理事によって構成される。
第二一条 理事会は会長が招集する。
第二二条 理事会は次の事項を協議、執行する。
1.総会に提出する議案
            2.総会によって委任された事項
            3.その他、会務執行に必要な事項
第二三条 理事会は、会務執行の必要に応じて幹事を委嘱することができる。

(会計)
第二四条 本会の経費は会費、寄付金その他の諸収入による。
第二五条 本会の会計年度は、毎年四月一日に始まり、翌年の三月三十一日に終わる。

(附則)
本会は本部事務所を、京都市左京区下鴨森本町15番地 生産開発科学研究所内に置く。
本会は、必要に応じて支部を置くことができる。
本会則は平成五年十月十六日から施行する。

 

規程

会誌原稿投稿規程
  
1.内容
茶の文化に関する論文、研究ノート(当該分野への新しい示唆や問題提起等)、
資料紹介、書評などとし、原則として未発表で、日本語で書かれたものとする。
 
2.資格
本会会員であること。
ただし、主たる執筆者以外に共同研究者として非会員を含むことは可とする。
 
3.体裁
原稿は縦書きとし、図版・図表等のスペースを含め、
論文は400字詰原稿用紙30枚以上50枚以内、研究ノートは同30枚以内で
完成したものであることを原則とする。
注記は原則として、一連の番号を付し論文の文末にまとめる。
図版は直ちに版下になるものを用意する。必要な場合、掲載許可を得ておく。
 
4.提出
提出先は本会本部事務所とする。
投稿は可能な限り電子文書とし、電子メディアの郵送又はe-mailの添付ファイルで受け付ける。
電子メディアで原稿を提出する場合は、プリントアウト紙を2通添付する。
手書きの原稿の場合は、原稿を2通提出する。
論文・研究ノート・資料紹介の投稿に当たっては、その区分を明記し、
かつ800字程度の日本語要約を添える。
原稿は返却しない。
 
5.受理
原稿が本会に到着した日を受理日とし、直ちに執筆者に受理通知を送付する。
添付ファイルの場合は、受け取りの返信メールをもって受理通知とする。
ただし、査読の結果等により編集委員会が訂正を依頼した場合は、
訂正稿が本会に到着した日を受理日とする。
原稿受理後の文章の書き足し・書き改めは、原則として認めない。
 
6.審査
原稿は本会「会誌原稿審査規程」による審査を経る。
審査に当たっては研究者の育成にも留意する。
 
7.掲載
採用が決定された原稿は無料で掲載される。
執筆者には掲載誌10部を贈呈する。抜刷は希望者に限り配布し実費を徴収する。
 
8.質疑
会員が掲載された論文等に対して誌上質疑討論を申し込む場合は、
対象となる論文等の題名を明記し質疑を簡明に記し、本会本部事務所宛に送付する。
採否ならびにその取扱は編集委員会に一任する。
 
9.著作権
著作権は著者に帰属し、出版権のみは本会に帰属するものとする。
本誌以外の電子媒体で公開する権利も本会が保有する。

 
附 平成18年5月20日改正、同日より施行
附 平成22年6月19日改正、同日より施行
附 平成27年6月7日改正、同日より施行

Copyright(c) 2017 Japanese Society for Studies of CHANOYU. All Rights Reserved.